7月 月例大会 結果♪

【2022年 前期 決勝大会 結果】

月例大会

本日の決勝大会は、5か月間のトータル成績上位12名で行われました。

予選3回戦を見事勝ち抜いた金城友子さん、吉元豊則さん、東大野泰慶さん、山口純一さんの計4名の方が決勝戦を争うことになりました。

決勝戦は、今までの成績をすべてリセットで決勝でトップを取られた方が優勝となります。

決勝戦は、東家 吉元さん、南家 山口さん、西家 金城さん、北家 東大野さんで始まりました。

決勝戦の東場はかなりの小場となっており、小さな点棒移動が多く南場に入った時点で、

東家 吉元さん 29200点  南家  山口さん 19800点

西家 金城さん 27000点  北家 東大野さん 24000点

かなりの接戦となっていました。

その均衡を破ったのが親の吉元さんでした、親で平和ドラ2の五萬、八萬待ちをダマでツモ和了2600オールの和了で一歩リードしました。

次に山口さんから2000点をロン和了して、次は東大野さん立直が入りましたが役牌暗刻のドラ1の7ソウ単騎のテンパイでずっと押していましたが、途中8ソウを引き役無し6、9ソウに待ち替えをしました。トップ目ということもありダマテンパイを選択しましたが、その次巡に山口さんから6ソウ切り立直が入り和了逃し、そのまま吉元さんは降り選択し、この局は東大野さんが山口さんから9ピンでツモリ三暗刻の手を1ロン和了し1600点の和了で終了しました。

続いて、南2局では現状12600点しかない山口さんはここで連荘しないとかなり厳しい状況でした、

この局最初にテンパイしたのは、吉元さんで5,8ピンの役無しでしたが慎重をきして立直せずダマテンパイを選択、しかしその2巡後に親の山口さんから5、8萬待ちの立直が入りました。山口さんにとっては次に繋げるためにしっかりと和了っておきたい所です。

この立直を受けて、ダマテンをしていたトップ目の吉元さんは降りを選択して、山口さんの独り舞台かと思われましたが、金城さんがしっかりと親立直に勝負をしていき、1シャンテン時に七八34567の重なるか横に引くとテンパイの形になんと山口さんの和了牌の八萬を重ねて2、5、8ソウ待ちの最高のテンパイが入り立直、それに山口さんが無情にも一発目に2ソウを掴み8000点に放銃という結果になりました。

南3局は全局の8000点和了でトップの吉元さんまで13600点差を5600点差まで詰めた金城さんの親番でここでしっかりと和了しトップを逆転したいところです。

しかしそれを阻んだのがトップの吉元さんでした。

11巡目に、ダマテンのチートイツのみ白単騎を山口さんからロン和了し1600点を加点しました。

オーラス時の点数ですが、

親 東家 東大野さん 24000点  南家 吉元さん 40600点

  西家  山口さん  2000点  北家 金城さん 33400点

2着の金城さんは7200点差の満貫条件 3着の東大野さんは親ですので和了しつづければ優勝、山口さんは役満ツモ条件とかなりきつい条件となっております。

そんな状態で始まったオーラスですが、親の東大野さんがオーラスで連荘目指し果敢に鳴いて行きました。タンヤオ仕掛けを2副露して③③④⑤⑥⑦⑦八のドラ八萬の状態で、テンパイ取らずで⑦を捨て、そのあとすぐに③出てそれをポンし、タンヤオドラ2のドラ八萬の単騎テンパイを気合で入れました。

そのままの勢いで和了してしまうかと思われましたが、ここで山口さんからの立直が入り、その巡目に引いてきた6ソウが山口さんに一発放銃となり、この瞬間前期決勝大会の優勝者が吉元さんに決まりました‼ 

優勝された吉元さんおめでとうございます‼

参加された皆様もお疲れさまでした。

7月からは後期の月例大会も始まりますので皆様のご参加心よりお待ちしております。 

コメント

  1. サラリーマン雀太郎 より:

    麻雀がとても好きなんですが、仕事が忙しくてなかなか出かけて行く時間がないので、時々blogやYouTubeを見て楽しんでます。たまたま、プレイメイトさんのホームページを見つけました。記事を読んでたら、面白かったのでこのコメントで、『いいね👍』押しておきます。

    • playmate playmate より:

      コメントありがとうございます。
      またHP覗いて下さいね♪

タイトルとURLをコピーしました